tourtour

子育てママの
「ちょっとだけ働きたい」がかなう町
岡山県奈義町

しごとコンビニ体験
日本トップクラスの出生率2.81の奈義町で、子育てと仕事を楽しむパパやママの秘密である“しごとコンビニ”を体験しませんか?

プラン詳細

イメージ

子どもと一緒に職場に行く。子どものそばで働く。
そこで一緒にはたらく仲間がいて、時にはお互いの子どものお世話もする。

四季折々の自然と共生しながら、子育てと仕事を楽しむ生活を送る。 そんな生活が実現しつつあるまちがあります。 岡山県の北東部に位置する山麓の町、奈義町。今回はその奈義町を舞台に、子育てと仕事を楽しむ生活を体験する2日間のツアーをご案内します。

イメージ

出生率“2.81”日本トップクラスの奈義町で子育てと仕事を楽しむママたちの秘密を探る“しごとコンビニ体験”ツアー。 このツアーは、合計特殊出生率2.81を記録し、子育て応援のまちとして制度やサービスが充実している岡山県奈義町で、子育てをしながら実現できる多様なはたらき方や、このまちの暮らしぶりを2日間で体験できるものです。

子育ても仕事も楽しむ

そんな生活を実現するために2017年4月にできたのが、今回体験していただく"しごとコンビニ"です。 子育て中のお母さんたちの「空いている時間にちょっと仕事をしたい」という声から生まれ、企業や町民の「ちょっと手伝ってほしい」という声とつなげることで、新しいはたらき方を実現しています。子連れOK、在宅案件もあり、週1時間からできるおこづかいづくりの場として、袋詰めやシール貼りなどの作業系のお仕事から、パソコン入力や企画系のお仕事、自分の特技や趣味を生かしたライターや撮影のお仕事など、色々なお仕事ができます。

イメージ

現在ではお母さん世代から高齢者世代まで約150名の方々が活躍しています。拠点となるのは、もともとガソリンスタンドだった建物をリノベーションしてできた"しごとスタンド"。子どもと大人が心地よく働き学び遊べる場所です。 今回のツアーでは、子育てと仕事を楽しむ生活を実現するための「はたらき方ワークショップ」や、しごとコンビニのお仕事を実際に体験していただきます。

みんなで育て、みんなで育つ

また、奈義町を語るうえで欠かせないのは、「子育て応援宣言のまち」ということ。奈義町は「子育て世帯をサポートしていくぞ!」という気持ちにあふれていて、その結果が平成26年に記録した合計特殊出生率2.81という、日本全国を見ても突出した数値に表れているように感じます。

人口6000人の小さなまちにとって、子どもは宝物。親だけでなく、「子どものためなら」と惜しみなく手を差し伸べてくれるまちの大人たちが、様々な役割を担い合い、地域ぐるみの子育てが成り立っています。 その中心にあるのが、「なぎチャイルドホーム」です。

イメージ

「なぎチャイルドホーム」はもともと保育園だった建物を活用し、奈義町が子どもや親たちの居場所に開放した場所です。子どもと大人が世代を越え、出会い、ふれあい、互いに心を通わせ育ちあえる集いの場。 ここでは、親や子どもが一緒に楽しむ催しを数多く開いています。例えば、絵本の読み聞かせや、ごはんやおやつの料理、浴衣の着付け、野菜や穀物の収穫、お便りづくりなど。それらの催しを地域の大人たちがそれぞれの得意を活かし、企画から運営まで手掛けています。

また、親の通院や兄弟姉妹の参観日など、子育てをしていると少しの間だけでも子どもを見ておいてほしいということも多いと思いますが、そんな時に数時間単位で、先輩お母さんや子育てベテランのおばあちゃんたちが、チャイルドホーム内で子どもと一緒にお留守番をしてくれます。 今回のツアーの中では、なぎチャイルドホームの取り組みを知り、魅力を体感する時間もご用意しています。

イメージ

この他にも、障がいを持った子どもたちも自分らしく過ごせる「みんなのお家 ぽっかぽか」にもご案内します。障がいがあってもなくても、みんな同じように楽しく暮らせる場所がある。多様な人たちが多様な生き方を選択できる奈義町の雰囲気を感じてもらえたら幸いです。

ゆるやかにつながる

最後に、ツアー初日の夜にみなさんをおもてなしする移住アドバイザーについてご紹介させてください。 あるまちへの移住を考えた時に、どこに行けば、誰を訪ねれば、そのまちのことが分かるんだろう。そんな疑問が湧いてくると思います。 そんな時に頼っていただきたいのが、移住アドバイザーの地域団体「那岐の茶の間」です

イメージ

生粋の奈義町民の方々が、奈義の人のこと、生活のこと、文化のことなど、パンフレットやホームページだけでは見えてこないまちの姿を教えてくれます。 昨年、築100年の古民家をリノベーションしてできた、趣のある日本家屋を拠点に、まちの外と中をゆるやかにつなぐ役割を担っています。 ツアー初日の夜はこの古民家で那岐の茶の間のメンバーと、子育てのこと、しごとのこと、なんでも語り合ってください。

この2日間が、そして奈義町が、子育ても仕事も楽しむ、そんな生活をつくる一歩を踏み出すきっかけになれたらいいなと思っています。 ご興味のある方、気になる方は、ぜひご参加ください。那岐山のふもとでお待ちしています。

日時
2019年3月2日(土)~2019年3月3日(日) 1泊2日
対象
未就学のお子さんがいるご家族
(ご両親とお子さんでの参加はもちろん、お父さんとお子さんや、お母さんとお子さんでの参加も歓迎です)
定員
10組(先着順)※最少遂行人数2組
参加費
1組10,000円※お子さんおひとりの場合
※お子さんが2名以上の場合は、おひとりにつき参加費1,500円追加
申込締切
平成31年2月23日(土)
・参加費は宿泊費(朝食付き)・昼食1回・夕食1回を含みます。
・2月25日(月)以降の取消については返金できません。
・初日のワークショップや体験等の間は託児(無料)を利用できます。
・全日程を通じて、お子さんがぐずったり飽きたりした時は、安心して対応してあげてください。
集合場所

ご集合場所:なぎチャイルドホーム 岡山県勝田郡奈義町豊沢430
※駐車場案内:作州津山商工会奈義支所 南側駐車場(勝田郡奈義町豊沢439-1)
ご集合時間:12時45分

ツアースケジュール

【1日目】3月2日(土)

12:45 「なぎチャイルドホーム」受付開始(岡山県勝田郡奈義町豊沢430:駐車場あり)
13:00~13:30 オリエンテーション
13:30~14:55 はたらき方ワークショップ
14:55~15:10 「しごとスタンド」へ移動
15:10~15:40 「しごとコンビニ」登録メンバーとの座談会
15:40~16:30 おしごと体験など
17:00 宿へチェックイン
17:30~19:30 夕食&移住アドバイザーとの交流会
※夕食は奈義町特製の鍋料理。みんなで鍋を囲んで談笑しましょう!
子どもたちが楽しく過ごせるスペース「こひさま」も併設
19:30 宿行きバス第一便発車
20:00 宿行きバス最終便発車
20:30頃 奈義町内宿泊

【2日目】3月3日(日)

7:00 朝食(町内カフェ手作りのお弁当をお渡し)
9:00~10:00 「なぎチャイルドホーム」紹介・広場遊び
10:00~11:30 チャイルドホーム利用親子と一緒に「奈義の春さんぽ」交流
11:30~12:45 昼食&交流会
12:45~13:20 奈義町職員による奈義町移住支援・子育て支援制度の紹介
13:45~14:30 みんなのお家ぽっかぽか紹介
15:00 現地解散

お問い合わせ先・旅行企画実施

岡山県知事登録旅行業2-373号(一社)日本旅行業協会正会員

株式会社シモデンツーリスト本社営業所
総合旅行業取扱管理者:三宅壯男
〒700-0985 岡山市北区厚生町1-2-8

TEL : 086-224-8811 FAX : 086-232-4220

ホームページ : http://www.shimoden-tt.co.jp
【営業時間】 10:00~18:00 (月~金曜日) / 10:00~17:30 (土曜日) / 定休日 (日曜・祝日)

プログラム内容に関するお問い合わせ先

一般社団法人ナギカラ(担当:草加)

TEL : 0868-20-1661 FAX : 0868-20-1991

ホームページ : http://nagikara.jp/2019/01/tour-3/
【営業時間】 9:00~17:00 (月~金曜日)
主催:一般社団法人ナギカラ